犬だって寒いときは寒いんです

犬は毛皮を着ているから寒くない、なんて思ってはいませんか?それは大きな間違いです。犬だって寒ければ動きも鈍くなってしまいますし、風邪もひいてしまうんですよ。大切な愛犬を寒さから守るためにも、服を着せることは悪いことではありません。特にチワワやミニチュアダックスフントなど小型犬のスムースコートの場合は寒がりな子が多いので、愛犬の様子をよく観察してあげてください。夏でもエアコンの効いた部屋で暮らしている場合は服が必要かもしれませんよ。

抜け毛対策にも!案外侮れません

長毛種やダブルコートの犬などは年に二回換毛期が必ず来ます。換毛期でなくても抜け毛はそういった犬の特徴でもあります。もちろん毎日のブラッシングである程度は防げますが、それだけではとても追いつきません。背中を覆うだけで60%の抜け毛をまき散らさなくて済むと言われています。特に他の家にお邪魔するときや車に乗せるときは必需品といってもよいでしょう。外出時だけ着せると負担になってしまいますので、普段から服を着せる習慣をつけるといいかもしれませんね。

それでもやっぱりかわいさ重視!!

もちろん機能だけで犬の服が必要なわけではありませんよ。愛犬をより一層かわいく演出するためにも服は大活躍してくれます。普段着ならTシャツ型でもいいですが、お出かけのときはちょっと奮発したおしゃれなものを着せたいものです。夏の浴衣やクリスマスのサンタ服なんて、あまりにもかわいくて癒されますよね。が、四六時中服を着ていると被毛に良くないという統計も出ていますので、夜寝るときには脱がせるなどの工夫をしてあげてくださいね。

犬の服は短毛のため体温調節が苦手な犬にとって必要で、冬は防寒対策に、夏は熱中症予防に効果があります。