定番はペットショップ

ペットが欲しいと思った時にまず、購入場所として考えるのはペットショップですよね。犬猫は勿論、小動物や鳥、熱帯魚など、多くのペットを扱っています。それと同時にペット飼育に必要な道具も揃っています。しかしペットショップと言ってもピンからキリまで存在します。手に入れたいペットが決まったなら、幾つかのショップを訪れてみましょう。スタッフの対応、知識、動物への接し方、そして、店内が常に清潔に保たれているのか、その辺りをしっかり吟味する必要があります。

ブリーダーから直接購入

ペットを飼いなれている人なら、ペットショップ以外での購入方法を知っているでしょう。犬や猫は最も一般的なペットであり、ブリーダーも全国に存在しています。好みの種類がいれば、そのブリーダーを訪問し、実際に動物と触れ合ってみましょう。かつては電話でやり取りの後、送って貰う事も可能でしたが、今では対面販売が義務付けられているので、必ず、ブリーダーの元を訪れる必要があります。犬猫だけでなく、熱帯魚や爬虫類、鳥類にもブリーダーは勿論存在しています。

自治体主催の譲渡会に行ってみよう

ペットを迎えるにあたって、ショップやブリーダー以外にも、個人で飼っていて殖えてしまった場合に譲り受ける、あるいは購入する等の方法もあるので、ご近所でそういったお宅を探すのも良いでしょう。あるいは、各自治体が定期的に開催する譲渡会に参加するのも1つの方法です。様々な理由により手放されてしまったペットや、生まれてしまった子供を、その場で触れて、確認し、気に入った動物を連れ帰る事も可能です。自治体によって基準は違いますが、基本的に参加費も譲渡費も不要です。しかし、その場に待機している獣医にワクチンを打って貰う必要があるので、ワクチン代は個人負担となります。

子猫販売なら東京都のショップがとてもおすすめです。東京のショップではインターネット上で子猫を写真付きで紹介して、お客様が気に入った子猫を地方まで宅配してくれるサービスをしています。